北海道公費解体視察研修?に行ってきました

後から報道を見ると新型コロナウィルスのクラスター発生震源地の感のある「さっぽろ雪まつり2020」最終日に合わせて、北海道公費解体視察研修に、ちば測協有志で行ってきました。
(1か月たっても誰も発症していないので大丈夫でしょう、ということで投稿します。)

写真だけ見ると相変わらず食べてばかりに見えますが。

千葉県内も台風15号の強風とその後の19号・21号関連の豪雨浸水による被害で、県内各地で公費解体関係業務を実施しています。研修資料のご提供・ご指導いただいた株式会社タナカコンサルタントの堀内社長((一社)日本補償コンサルタント協会北海道支部)に感謝いたします。大変有意義な研修となりました。