アーカイブ

令和の苦言愚言(13)【読書ノート】財政赤字の神話 MMTと国民のための経済の誕生(ステファニー・ケルトン著)

  • 日本のこと
どう考えてもこの理論は正しい。「借金は悪(に違いない)」、「返さねばとんでもないことになる(はず)」、「子どもたちにつけを回すことになる(だろう)」がすべて間違いであることを明らかにしてくれている。 「政府が課税によって […]

令和の苦言愚言(12)【読書ノート】令和版 公共事業が日本を救う 「コロナ禍」を乗り越えるために(藤井聡・著)

  • 日本のこと
安倍政権は、民主党政権以上に公共事業を減らした政権です。それが長期にわたっているからさらによろしくない。東日本大震災(発生は民主党政権下ですが)の復興も、その後度重なる災害(大雨、台風、地震など)を目の当たりにしても、ま […]